CLASKA Gallery & Shop "DO" バイヤー 神田麻美子の note

日々の気になることや店作りのこと。いいなと感じたもの。写真と共に書き留め、お届けします。

第18回:Odd

美術家 勝本みつるさんの作品「Odd / dormancy」

Odd とは「残りの、半端の、」などの意味で、作品を制作する過程で出来た端材やイメージの破片を小さな木箱に入れたシリーズ。一見ほのぼのとした雰囲気を感じさせながら、毛糸とドングリの殻斗(頭の部分)の異質な対比は、かわいいという言葉には収まらない不思議な魅力を感じる。

作品ではなくても、ふと目に入った色のバランスや配置に心が動かされるときがある。
たとえば赤い表紙の本を揃えて並べるとそれだけで絵になる。

先述の勝本みつるさんにもどこか通ずる世界観をもつアヌ・トゥオミネン。キッチンツールや文房具など様々な道具に糸を編みこんだり、切ったり並べたり。こういった自由なイマジネーションで生み出される作品に惹かれ、あこがれる。きっと何かしらの自分のアイディアや趣向にも、これらの影響を受けているのだろう。

神田麻美子


CLASKA Gallery & Shop "DO" バイヤー。インテリアショップ IDÉE でバイイングおよび商品企画に携わる。IDÉE 退社後、2008年にCLASKA Gallery & Shop "DO" をスタート以来、バイヤー 兼 本店店長を務めている。
https://www.instagram.com/claska_do/

2017年6月19日 公開
美術家 勝本みつるさんの作品「Odd / dormancy」は、CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店で展示販売しています。