HAU

HAU 藁谷真生の「今着たい服、こんな服。」

CLASKA が発信するアパレルブランド「HAU(ハウ)」のデザイナー藁谷真生が綴る、
服作りにまつわるエピソードや日々のおしゃれにまつわるあれこれを毎週土曜日更新でお届け。

今回は特別ゲストとしてスタイリストの伊東朋惠さんをお迎えし、まもなく発売となる新作の「gauze tops」と「gauze one piece」を使った、等身大の着回し術を提案していただきます。

文=落合真林子(CLASKA)
モデル=藁谷真生(HAU デザイナー)

第21回:夏の大人カジュアル講座

<今回のゲスト>

Profile
伊東朋惠(いとう ともえ)さん
雑誌や書籍、広告などでフード、ファッションのスタイリングを手がけるスタイリスト。フォトグラファーの夫、6歳の息子、猫と暮らす。

藁谷:HAU の服は、“洋服は、暮らしの中の一部である”という思いを持ってデザインしています。だからこそ、洋服のセンスが良いことはもちろん、生活者としても魅力的な方の着こなし術を拝見してみたい! と思い、伊東さんにお声がけをさせていただきました。

普段この連載では、私自身の視点でHAU のアイテムを使った着こなし提案を行っていて、プロのスタイリストさんにご登場いただく試みは今回が初となります。どうぞよろしくお願いいたします!

伊東さん(※以下敬称略):こちらこそ、よろしくお願いいたします。

藁谷:早速ですが、今回着まわしていただく「gauze tops」と「gauze one piece」、最初の印象はいかがでしたか? 

HAU

「gauze one piece」(まもなく発売予定)/1万4800円+税
ホワイト・ライトグレー・チャコールグレーの3色展開(写真はライトグレー)

HAU

「gauze tops」(まもなく発売予定)/6900円+税
ホワイト・ライトグレー・チャコールグレーの3色展開(写真はライトグレー)



伊東:シンプルでカジュアルな印象ですけど、襟元や袖口に入ったリブの効果もあってデザイン性も感じられるアイテムなので、ONとOFF、両方のシーンで活躍しそうだなと思いました。

HAU

藁谷:現在発売中の「dailyシリーズ」よりも厚みがある生地で、単品で着ても存在感が出るんです。今日は、伊東さんの私物と組み合わせた着こなしを提案していただこうということで、普段愛用されている洋服やバッグ、靴などを色々と持ってきていただきました。カジュアルな印象のものから少しエレガントな印象のものまで、さまざまなタイプの服がありますね。最近購入されたものが多いんですか?

伊東:その人によってタイミングは異なると思うんですけど、わたしの場合は40歳を境に、似合う服や着ていて落ち着く服が変わってきました。クローゼットの中を少しずつアップデートし始めたのもその頃で、いまも日々試行錯誤です。今日持ってきたものは、最近買い足したものもあれば数年前から愛用しているものもありますね。

藁谷:わかります! 私も30代半ばで一度そういうタイミングがありました。「カジュアル」が難しくなってきたというか。「大人カジュアル」ってよく聞く言葉ですけれど、年相応にセンスよくまとめるのは結構難しいですよね。伊東さんなりの「大人カジュアルのルール」ってありますか?

伊東:靴とバッグは、年相応の“良いもの”を持つようにしていますね。たとえば、黒い革小物は「大人カジュアル」の演出に一役買ってくれる便利なアイテムで、今日もいくつかお持ちしました。今回は、私なりの“ON・OFF”の着回しを色々とご提案したいと思います!

藁谷:楽しみです。よろしくお願いします!



「gauze one piece」編

Coordinate 1./OFF
カラフルなバッグを主役に

HAU

伊東:まずはOFF仕様のコーディネートから。ワンピースと同じ中間色のレギンス、足元はサンダルを合わせて、シンプルにまとめました。「The Tastemakers & CO」のストライプ模様のバッグを主役に。私は藁谷さんと同じくらいの身長(156cm)なのですが、小柄な人は重ね着の際に少しでも足首を出すように意識すると、全体のバランスが良くなる気がします。

藁谷:着ていて落ち着くコーディネートです。レギンスは黒やグレーを選びがちですが、こういう中間色も新鮮ですね。

※「gauze one piece」(ライトグレー)以外、全て伊東さん私物





Coordinate 2./ON
透け感のあるパンツ、使えます!

HAU

伊東:裾にボンボンがついたカディコットンのパンツをワンピースの裾からのぞかせて。胸元には光沢感がある「la fleur」のブローチ、足元は「MARNI」のベージュの革素材のサンダルを合わせました。パンツの透け感とクラス感がある小物効果で、ONな着こなしとして成立します。

藁谷:この重ね着のバランス、新鮮です。カディコットンは、さらりとしているので、夏の重ね着にぴったりですね。このアイデア、いただきました!。

※「gauze one piece」(ホワイト)以外、全て伊東さん私物





Coordinate3./ON
羽織りものは、大人カジュアルの必需品

HAU

伊東:「YAECA」で購入したカシュクールトップスの前を留めずに、羽織りものとして合わせてみました。デザイン性があるので、程よい“よそ行き感”を出すことができます。ゴールドのバングルと「Chloe」の革素材のサンダルで、華やかさもプラスしました。

藁谷:なんだか、全然違うワンピースの様に感じますね! 子どもの授業参観にも着ていけそう。実はカシュクールというアイテムに苦手意識があったのですが、こういう使い方だと違和感がありません。

※「gauze one piece」(チャコールグレー)以外、全て伊東さん私物



「gauze tops」編

Coordinate 1./OFF
ツバ広ハットでクールさをプラス

HAU

伊東:トップスとボトムスはホワイトのワントーンでまとめて、「nest Robe」のシャツワンピースをロングカーディガンのように合わせました。日焼け対策になるツバ広ハットは「Sugri」のもので、夏の必需品です。足元は白いスニーカーでOFF仕様にしましたが、きちんと感がある靴を合わせればよそ行きコーデとしても成立します。

藁谷:トップスをパンツにINすることで、全体のバランスが良くなりますね。ワントーンでまとめたことで大人っぽさも出て……。ここまでツバが広いハットを被るのは初めてですが、小顔効果もあっていいですね。

※「gauze tops」(ホワイト)と「work pants」(オフホワイト)以外、全て伊東さん私物





Coordinate 2./OFF
成功の秘訣はワントーン

HAU

伊東:存在感のあるシルクパンツを合わせて。これは「TOWAVASE」というブランドのもので、一見すると上級者向けのアイテムですが、全体のトーンを統一すると難なく着こなせます。「BUILDING BLOCK」の黒い革素材のバッグを合わせれば、足元がサンダルでもシックな大人カジュアルになります。

藁谷:このパンツ、とても素敵ですね! OFF仕様のコーディネートとして提案いただきましたが、ちょっとしたよそ行きの着こなしとしても使えそうな……。「gauze tops」の生地が厚めでニュアンスがあるので、きちんと感も出ますね。

※「gauze tops」(チャコールグレー)以外、全て伊東さん私物





Coordinate 3./ON
エレガントな素材を合わせて

HAU

伊東:「TENNE HANDCRAFTED MODERN」の存在感のあるシフォン素材のスカートと、「mimi」の黒い革製のバッグを合わせて、よそ行き仕様の着こなしに。トップスとボトムスを同系色でまとめれば、エレガント系のアイテムに馴染みのない方も違和感なく着こなせると思います。

藁谷:スカート単体で見た時は、「私に似合うだろうか……」と身構えましたが(笑)。同系色効果でしょうか、ほどよいエレガンス感でいいですね。同じTシャツで、ここまで印象が変わるとは驚きです。

※「gauze tops」(ライトグレー)以外、全て伊東さん私物



ベーシックアイテムこそ、着回しが楽しい

藁谷:いやぁ、月並みな表現ですが、目から鱗でした。

伊東:そう言っていただけると嬉しいです(笑)。

藁谷:合わせる素材や色のバランスのとり方で、ここまで印象が変えられるんですね。今回、6種類のコーディネートを着用させていただいて、「大人カジュアル」を成功させる秘訣が見えた気がしました。

伊東:あくまでマイルールですが……。最初に触れたとおり、靴とバッグは上質なものを。それから「ワントーン」でまとめることで、大人っぽさを演出できる傾向にありますね。

藁谷:ベーシックなアイテムって、奥が深いですね。とてもいい勉強になりました。今日いただいたヒントを、この夏の着こなしに取り入れてみたいと思います!



※伊東さんの私物として紹介したアイテムは、すでに販売が終了しているものもございます。

<HAUの取扱い店舗に関して>
CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店、および全国各地のセレクトショップにて順次展開中。CLASKA ONLINE SHOP でも全ラインナップ展開します。(順次発売予定)

卸販売に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
hau_clothes@claska.com

2019年7月6日 公開

撮影:速水真理(CLASKA)