HAU

HAU 藁谷真生の「今着たい服、こんな服。」

CLASKA が発信するアパレルブランド「HAU(ハウ)」のデザイナー藁谷真生が綴る、
服作りにまつわるエピソードや日々のおしゃれにまつわるあれこれを毎週土曜日更新でお届け。
今回は、まだまだ気温が安定しない今の季節にピッタリな、新作の「rough gather シリーズ」と「linen wool cardigan」をつかったコーディネート講座です。

第29回:季節の変わり目に。
HAU のコーディネート講座

ここ最近は、朝晩は冷え込むくらいの気温になってきましたね。いよいよ衣替え、でしょうか。

気候が落ち着くと、気持ちも落ち着いてくるもの。

そしてスーパーには、ぶどうや梨、さつまいもに栗、かぼちゃ。秋の味覚が並びはじめました。秋は気候も良く、美味しい食べ物もたくさんあるので、これから迎える季節がとても楽しみです。

HAU

さて、皆さん、秋のワードローブ計画は進んでいますか?

そろそろサンダルはしまって、スニーカーやブーツなどに切り替えたいところ。

でも日中はまだ暑く、湿度が高い日もあるので、インナーや羽織を上手に使って、毎日の装いを楽しみたいですね。

今回は、新作の「rough gather シリーズ」と「linen wool cardigan」を使った、今の時期にオススメしたいコーディネートをいくつかご紹介したいと思います。

コーディネート その1

HAU

rough gather blouse ホワイト」の上に「linen wool cardigan ベージュ」を羽織り、ボトムスにはヂェン先生の日常着の「クロップドパンツ ライトグレー」を合わせました。

色味を白、ベージュ、グレーのペールトーンで合わせることによって、穏やかでこなれた印象に。

足元はスニーカーを合わせ、軽快に仕上げました。

コーディネート その2

HAU

こちらは、「rough gather one piece キャメル(※完売)」のインナーに黒のタートルネックを重ねたコーディネート。夏には一枚で着ていたアイテムを、秋仕様にしてみました。

袖口が広いので、袖のあるインナーを重ねても自然におさまります。

足元には、キャメルと同じ色のスウェードブーツを合わせ、全体的にこっくりとした秋色に仕上げました。

コーディネート その3

HAU

次は、カーディガンを主役にしたコーディネートをご紹介します。

トップスには「linen wool cardigan ネイビー」、ボトムは白のパンツを合わせてマリンっぽい雰囲気に仕上げました。足元は黒でキリッと。

カラシ色のインナーは、来年春夏の商品化に向けて試作しているものです。こちら、販売は少し先になりますが、楽しみにしていてください!

コーディネート その4

HAU

こちらはワンピースとカーディガンを合わせたコーディネート。

plain one piece アイボリー」と「linen wool cardigan ブラック」のコントラストを活かし、靴下やバックも同じ色味のアイテムを合わせてみました。

もう少し季節が進んだら、これに黒のベレー帽を合わせてみたいです!

秋ならではのコーディネート、いかがでしたでしょうか?

一年を通して着用できるコットン素材のアイテムも、ウール混のものと合わせることによって、また新鮮な見え方になるように感じます。

私の密かなコーディネートルールの一つ。

”可愛らしいアイテムでも仕上がりは大人っぽく!”。

年相応の仕草や振る舞い、自分自身の軸を持つことも、装いの土台として大事なことではないかなと、まだまだ未熟者ながら思います。

内面も外見も、自分なりに少しずつ努力しながら、気持ちの良い、素敵な大人になりたいものです!

HAU

HAU 2019 AUTUMN & WINTER 受注・販売会
[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 二子玉川店(玉高島屋S・C 南館 4F)
[会期]2019年9月2日(月)〜15日(日) 10:00〜21:00


■ノベルティプレゼント
15,000円(税別)以上お買い上げのお客様に、秋冬コレクションで展開するニットの糸で作ったコースターをプレゼントします。
※限定数がなくなり次第終了

> more information

<HAUの取扱い店舗に関して>
CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店、および全国各地のセレクトショップにて順次展開中。CLASKA ONLINE SHOP でも全ラインナップ展開します。(順次発売予定)

卸販売に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
hau_clothes@claska.com

2019年9月14日 公開

編集:落合真林子(CLASKA)
撮影:速水真理(CLASKA)

バックナンバー