HAU

HAU 藁谷真生の「今着たい服、こんな服。」

CLASKA が発信するアパレルブランド「HAU(ハウ)」のデザイナー藁谷真生が綴る、
服作りにまつわるエピソードや日々のおしゃれにまつわるあれこれを毎週土曜日更新でお届け。
シンプルだけど、遊び心も感じられるドット柄。大人の女性のための、甘くないドット柄のトップスやワンピースをご紹介します。

第62回:遊び心、たいせつに。

HAU

"evony dot"

この春夏は、"water" というテーマで服を作っています。
このテーマで柄を考えた時、みずみずしく自然なイメージと同時に、それとは反対の無機質で冷たい印象も浮かびました。

遊び心がありながらもシンプルなドット柄は、あえて黒のみで潔く。
特に白ベースの色味は、クールな印象になるよう、青みのある白を意識しました。
反対に赤みのあるアイボリーベースになってしまうと、全体的にナチュラル感のある可愛らしい仕上がりになってしまい、今期のテーマとは少しずれた印象に。
細かい作業ですが、白ベースだけでも何色も色出しを繰り返し、最終的に潔さのあるプリントに仕上がりました。

ベースの生地は張り感のあるコットンタイプライターを使用。
薄手ながらも打ち込みのしっかりとした生地のおかげで、白でも透け感を気にすることなく 着用出来る仕上がりに。
もちろん、写真のようにデニムを合わせたりレギンスを合わせてもコーディネートの幅が広がります。

デザインは敢えて複雑な仕様を削ぎ落したすっぽりと楽ちんな作りに。
そんなシンプルなシルエットの中にも、肩部分に少しタックを加えることで、ほんのりと立体的な袖になるよう工夫しました。

生地分量も少なく、洗濯してそのまま着用出来る楽ちんワンピースはこれからの夏場にかけても嬉しい一着。
柄ものは普段ワードローブに取り入れない方でも、まずは色のコントラストが少ないカーキベースから挑戦してみてはいかがでしょうか?

HAU HAU HAU HAU HAU

<HAUの取扱い店舗に関して>
CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店、および全国各地のセレクトショップにて順次展開中。CLASKA ONLINE SHOP でも全ラインナップ展開します。(順次発売予定)

卸販売に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
hau_clothes@claska.com

2020年5月23日 公開

撮影・編集:山本純子(CLASKA)

バックナンバー