HAU

HAU 藁谷真生の「今着たい服、こんな服。」

CLASKA が発信するアパレルブランド「HAU(ハウ)」のデザイナー藁谷真生が綴る、
服作りにまつわるエピソードや日々のおしゃれにまつわるあれこれを毎週土曜日更新でお届け。
今回は、表情のある細かなヘリンボーン生地で作ったイージーパンツのお話です。

第46回:さあ、準備

HAU

pants "herringbone"

シンプルなトップスが好きです。
だからこそ、最近着こなしの軸となるパンツに目を向けるようになってきました。

少し前までは、パンツを数本揃えてそれに合うトップスをデザインすることが多かったのですが、ここ最近はトップスを軸にパンツのデザインを考える、という順番に変わってきました。

この春新たに加わるパンツは、ヘリンボーン組織からなる中肉のコットン生地で作られた太めのイージーパンツ。「基本の1本」にもなる、ボーイッシュで履き心地も楽なパンツをつくりたいと思い生まれました。

私にとって、パンツは服の中でも"道具"的な立ち位置のアイテム。シルエットも重要ですが、機能性も外せません。ウエストをゴムにすることで、より履きやすく、動きやすく。更に紐を通すことによって細かなサイズ調整も可能に。
後ろには大きめのパッチポケットをつけて、ワーク感のある雰囲気に仕上げました。

シルエットは、適度にゆとりのあるストレート。裾を折って履いた時にもスッキリと見えるよう、裾まわりを少し狭くしました。裾は、三つ折りステッチの始末になっているので、裾を折らずに履きたい方は丈詰めのお直しがお勧めです。

色はアイボリーとネイビーの2色をご用意。
どちらも清潔感のある潔い色味が特徴です。

ちなみに「herringbone」という名称は、魚のニシン(herring)の骨(bone)のような形状に由来しているのだそうですよ。

HAU HAU HAU HAU

pants "herringbone"

HAU HAU HAU HAU

cardigan "mist"

<HAUの取扱い店舗に関して>
CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店、および全国各地のセレクトショップにて順次展開中。CLASKA ONLINE SHOP でも全ラインナップ展開します。(順次発売予定)

卸販売に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
hau_clothes@claska.com

2020年1月25日 公開

編集・撮影:山本純子(CLASKA)

バックナンバー