コラージュ・題字:堀井和子

堀井和子さんの
「いいもの、みつけました!」

堀井和子さんが日々の暮らしや街歩きの中で見つけた、いいもの、美しいものを報告してくださる連載です。涼やかな風景をお寄せいただきました。

第78回:"BUTTER"/ノリウツギ(ミナヅキ)/松の木/八女抹茶モナカ

先月、東京現代美術館で開かれた ART BOOK FAIR で、グラフィックデザイナー 井上庸子さんの作品を買いました。

その前のユトレヒトでの "PAPER BUTTER" 展で、様々なメーカーのバターを表現した立体に、とても好奇心を刺激されましたが、一番好きな丸みを帯びた形のバターは販売されていなくて、そのまま帰ってきたのです。

ART BOOK FAIR で四角いバターを見つけ、今回は迷わず・・・。

銀紙に刻まれた BUTTER の文字がとにかくカッコいい。白い紙に黒の文字も潔くて、持ち柄の紙の細さが可憐────このバランスが井上さんらしいと思いました。

ART BOOK FAIR は B2F の企画展示も見て、ずっと買い足したかった猪熊弦一郎さんのポストカード“緑色のコラージュ”も見つけられて、充実した一日になりました。

実家の庭で見事に花を咲かせていたノリウツギ(ミナヅキ)。

昔、母が鉢植えのものを庭に植えたように記憶していますが、今はかなり枝を広げ、大きな木になっています。

ノリウツギの左後ろにはブルーベリーの木がやはり大きく育っていて、夏は色づいた実がとても綺麗です。

右手奥は、私が子供の頃からここに植わっている松の木。

梅や松の木は、年を重ねてから好きになり、見つめる時間が多くなりました。

最近は妹夫婦が剪定をしているそうで、60年近くたっても健やかに風が抜けています。

スーパーマーケットで見つけた、福岡県久留米市 丸永製菓の八女抹茶モナカ。

八女茶の爽やかな香り、奥行きのあるシックな味のアイスは、すっきりした後口が印象的。抹茶や煎茶風味のアイスクリームは種類が増えましたが、この八女抹茶モナカは、いつ食べても、また買っておきたくなります。

堀井和子

堀井和子さん プロフィール

1954年、東京生まれ。料理スタイリスト・粉料理研究家としてレシピ本や、自宅のインテリアや雑貨などをテーマにした書籍、国内外の旅のエッセイなどを多数出版。2010年に「1丁目ほりい事務所」を立ち上げ、CLASKA Gallery & Shop “DO” と共同で企画展の開催やオリジナル商品のデザイン制作も行なっている。
> 関連記事:「堀井和子さん、テーブルクロスについて教えてください。」

2019年8月23日 公開

バックナンバー