D

珈琲時間に ほしいもの

おいしいコーヒーを、もっとおいしく・・・。
コーヒーの時間がちょっとだけ特別になる、
コーヒーまわりの“特別なおとも”をご紹介します。


01.
\ クマとネコをセットで /
トモタケ クマ マグカップ >> click
トモタケ ネコ マグカップ >> click

あるだけで思わず手に取りたくなる、トモタケのマグカップ。 じっとこちらを見つめる愛らしいクマにネコ。 セットで手もとに置いておけば、毎日、選ぶ楽しみが生まれます。 口が狭まった山型で、軽くて持ちやすいのもポイント。 表側には前を向いたクマとネコ、裏側には、後ろを向いたクマとネコの姿が。 コーヒーを飲む度に、なんだかあたたかな気持ちになりそうです。

(各2,860円)


02.
\ 一生ものにしたい薬缶 /
銅之薬缶 >> click

おいしいコーヒーに欠かせない、“おいしいお湯”。 銅でできた「東屋」の銅之薬缶は、コーヒーのための湯沸かしにおすすめのやかん。 銅には除菌抗菌作用があり、湯をまろやかにしてくれます。また、熱伝導率がいいため、お湯が沸くのもあっという間! 美しいデザインは、コンロの上にあるだけで目を引く存在。 使い込むほど、深みのある飴色に風合いに変化するので、自分色に育てるという楽しみも。

(19,800円)


03.
\ フィルターはここにセット /
コーヒーフィルターホルダー >> click

日々使うコーヒーフィルターも、こんなホルダーがあれば、きれいに収納できます。 木工作家 西本良太さんの作るホルダーは、1点ずつ、タモ材を使って手作りされたもの。 背面にマグネットがついているので、冷蔵庫やスチール棚にピタッとくっつきます。 1〜2人用と2〜4人用、どちらのフィルターも収納可。 たっぷり15枚ほど、収納できるのも嬉しいです。

(2,420円)


04.
\ シンプル MAMBO でほっとひと息 /
MAMBO マグカップ / TAKE ME OUT >> click
MAMBO マグカップ / KAO >> click

MAMBO のシンプルな白いマグカップ。首をかしげて座る MAMBO に、微笑ましい顔の MAMBO 。満水容量250mlとやや小ぶりで、幅広の取っ手が持ちやすく、コーヒー時間を楽しく彩ってくれます。カップの反対側にもかわいい MAMBO のイラストが描かれているので、ゆっくりまわしながらお楽しみください。

(各2,200円)


05.
\ minä perhonenの特注カラー /
beads カップ&ソーサー for DO >> click

minä perhonen の皆川明さんデザインのカップ&ソーサー。 こちらのグレーは、CLASKA Gallery & Shop "DO" のために特別に作っていただいたオリジナルカラーです。 横から見るとアンティークビーズのような華奢なカップ。 ゆっくりとコーヒーを飲みたい時や、お客様にお出しするときにもおすすめです。 長崎県の波佐見で作られています。

(5,060円)


06.
\ 人気の定番マグカップ /
ドーのマグカップ スリム >> click

シンプルで飽きのこないかたちが魅力のドーのマグカップ スリムは、CLASKA Gallery & Shop "DO" オリジナルの人気アイテム。 口が狭まったかたちは安定感抜群、毎日のコーヒー時間に活躍します。 満水容量350ml、8分目で250-280ml とたっぷりサイズなので、読書やデスクワークの際、多めのコーヒーを入れておき、時間をかけて飲むのにぴったりです。

(2,640円)


07.
\ 1杯分のコーヒーに最適! /
ドーのマグカップ スリム mini >> click

ドーのマグカップ スリムを小さくしたのが、こちらの mini。 満水容量200ml、8分目で150-160ml程度のマグカップは、ちょっとコーヒーを飲みたいときや、来客時にお出しするときにも活躍。 こちらのマグに合わせて登場した ドーのプレート 15 は、mini のソーサーとしても、そしてこんなふうにクッキーやケーキを盛りつけるときにもおすすめです。

(2,200円)


08.
\ コーヒーとともに ケーキもいかが? /
花つなぎ 5.5寸皿 >> click

白地に藍色の花の柔らかな縁取り。 有田焼の窯元、皓洋窯で作られたお皿は、一見、北欧のもののようにも見える華やかさと、やさしい風合いを併せ持っています。 少し深めのリム皿で、リム部分にはしのぎが施されています。 コーヒーを飲みながらほっとひと息つくときに、ケーキなどの甘いものを盛るのにぴったり。

(3,080円)


09.
\ ザ・こだわり派のネルフィルター /
ネルフィルター 大 >> click

2013年に惜しまれつつ閉店した 伝説の喫茶店「大坊だいぼう珈琲店」。 ここで使われていたネルフィルターを、大坊珈琲店監修のもと、東屋が忠実に再現したのがこちら。 コーヒー豆の適量は65g、濃いめのコーヒーなら2〜3杯、薄目なら4〜5杯淹れられます。 1杯のコーヒーに向き合う時間が特別になるネルフィルターは、こだわり派の方にぜひお使いただきたい逸品。

(3,190円)


10.
\ 注ぐ湯量がピタリと安定 /
コーヒーポット >> click

ネルフィルター同様、大坊珈琲店監修のもと、東屋が再現したコーヒーポット。 細くお湯を落とせるよう、ひとつひとつ手作業で注ぎ口を叩き、加工してできたポットです。 湯量がピタリと安定する角度があるので、そこからは、少しずつ丁寧にドリップするだけ。 持ち手が熱くならないよう、持ち手の根元に穴があけられ、中が空洞になっている心遣いもさすがです。

(24,200円)


11.
\ アイスコーヒー時間を楽しく /
MAMBO グラス / STANDARD >> click
MAMBO コルクコースター / 5枚セット >> click

カランコロン。 アイスコーヒーの時間を楽しくしてくれる、MAMBO のグラスとコースター。 容量340ml のグラスには、たっぷりの氷とコーヒーを入れて。 5種類の MAMBO がプリントされたコースターは、どれにしようか選ぶのも楽しいひと時に。 グラスは、こちらの STANDARD のポーズを含め、5種類のポーズがあります。

(グラス1,760円 / コースター1,540円)


12.
\ コーヒーサーバーに! /
ドーのグラスポット >> click

温かい飲み物にも、冷たい飲み物にも使える耐熱ガラスの「ドーのグラスポット」。こんなふうに、コーヒーを淹れるときにも便利です。 取っ手がついているので、マグカップに注ぐ際にもスムーズ。 すっと整ったシンプルなかたちもポイントです。 合わせて、同素材の マグカップ ドーのグラスマグ ダブルウォールもどうぞ。

(4,180円)


13.
\ ミルク入れに持っておきたい /
ガラスのミルクピッチャー 80cc (sold out)

コーヒーにミルクを入れる際、専用のピッチャーを使っている人はあまり多くないのでは…。 けれども一つあると、コーヒー時間がぐっと深くなります。 こちらのミルクピッチャーは、ミニマルでスマートな佇まいが美しい、洗練されたデザイン。 滑らかな曲面で丁寧に仕上げられた注ぎ口で、量の加減もしっかりできます。 底面に厚みを増してあるため、安定感もばっちり。 ミルク派の方はぜひ!

(1,650円)


14.
\ ポコポコ 楽しく温めて・・・ /
両口付きミルクパン >> click

カフェオレ用にミルクを温める際、持っておきたい「工房アイザワ」のミルクパン。 木をくり抜いて作られた持ち手は、デザインとして美しいだけでなく、持った際に手になじむのもポイント。 左右どちらからでも注げる両口付き、容量700ml と小ぶりで小回りがきくアイテム。 ポコポコとミルクが沸くのを待つ時間も、楽しくなります。

(7,920円)


15.
\ 豆の保存はおまかせあれ! /
MAMBO キャニスター缶 >> click

人気の MAMBO の描かれた、ブリキのキャニスター缶。 明治28年創業の老舗茶筒メーカーが製造しています。 素材のブリキは、食品の缶詰に使われているものと同じで、安全性に優れています。 二重になった蓋と中蓋が湿気を遮り、光を遮断することで、豆が長持ち。 約200g、たっぷりのコーヒー豆が入ります。

(2,200円)


16.
\ 折り畳める万能ドリッパー! /
コラプシブル コーヒードリッパー >> click

錆びつきにくいステンレス製のワイヤーでできた、シンプルでスタイリッシュなドリッパー。 フィルターとドリッパーが接する面積が少ないため、雑味の少ないコーヒーを淹れられます。 フラットに折り畳めるので、収納の際にかさばらないのも特徴。 アウトドアでも活躍する、働きもののドリッパーです。

(1,540円)



Have a good coffee time!



 

写真:西 希 野口祐一 CLASKA 編集:島田奈津子(CLASKA)

2023年10月13日 公開