For international shipping, mail us your orders.
配送料 全国一律 650円 10,000円以上ご購入で送料無料
GIFT WRAPPING ギフトラッピング +200円 ご利用前に必ずお読みください
モマ笛 大

モマ笛 大

SOLD OUT

1,944(税込)

津屋崎人形

モマ笛 大

SOLD OUT

1,944(税込)

とにかく可愛い津屋崎人形の「モマ笛」。遠く安永の頃(1770年代)より作られています。

「モマ」とはフクロウのこと。縁起物として神社で授与されていた歴史を経て、現在では郷土玩具として販売されています。

かつてはお年寄りがこの笛を吹いて気道を広げ、食事の喉の通りを良くするために使っていたとも。狭い吹き口からしっかり息を吹き込むと、フクロウのような「ホーホー」という低い音が出ます。

こちらの大と小の2種類です。

かわいい大先輩

世の中は空前のゆるキャラブームです。日本各地の県や市町村がしのぎを削ってキャラづくりに必死。単なるマスコットが、いまや地方自治体の経済を左右する勢いだというから驚きます。一体、日本人のこの無類のキャラ好き気質はどこからきたのでしょう。

まん丸の目でじっとこちらを見つめるフクロウの置き物。福岡県福津市に伝わる津屋崎人形のモマ笛です。「モマ」とは津屋崎の方言でフクロウのこと。フクロウは先を見通す力があると言われ、その姿をかたどった土笛が縁起物としてつくられるようになったのがモマ笛のはじまりだそうです。津屋崎人形の特徴は、なんといってもその艶感のある鮮やかな色彩。モマのおでこも光ってます。

それにしてもこの可愛さ。郷土玩具好きじゃなくても思わず微笑まずにはいられません。秀逸なのはデフォルメのセンス。モチーフをかわいく単純化してしまう感性と、それを愛でる日本人の心は、この日本各地で作り続けられてきた郷土玩具によって育まれてきたのではないでしょうか。いや、きっとそうに違いない!

CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター 大熊健郎
『いま使いたい、ニッポンのいいもの』(判佝納辧砲茲
ご購入の前に

手作りのため、一点一点の表情やサイズが若干異なります。