CLASKA ONLINE SHOP  > 食器 > ガラス食器・グラス >

松徳硝子

うすはり 麦酒晩酌揃

5,500(税込)

セット
松徳硝子のうすはり麦酒晩酌揃

大正11年創業の松徳硝子による名作グラス「うすはり」シリーズから、晩酌にぴったりのセットをご紹介します。

ビール用で最も人気があるLサイズのタンブラーと、亀田製菓の柿ピー(亀田の柿の種)個包装1袋分がちょうどよく納まるように作られたおつまみ小鉢です。

松徳硝子のうすはり麦酒晩酌揃

柿ピーや枝豆にビールという晩酌も、心なしか高貴な嗜みのように演出してくれるからうれしくなってしまいます。

松徳硝子のうすはり麦酒晩酌揃

涼やかで中身がきれいに見える、ごく薄く軽くシンプルなガラス小鉢。何かと幅広く使えます。小料理屋の突き出しの風情を気取るのも楽しいセットです。

松徳硝子のうすはり麦酒晩酌揃

木箱入り。父の日などの贈り物にもおすすめします。

説明

こちらのアイテムは、特集「夕涼みグラス」でもご紹介しています。

うすはりグラス

ある夏の日のランチタイム。メニューにある「グラスビール」という文字がチラチラする。仕事中とはいえ暑さで喉はカラカラ。迷わず注文すると出てきたビールに驚いた。冷やしたグラスは今まで見たことがないほど薄くて繊細。その佇まいの美しさ。ひと口飲んで驚きはさらに高まった。まるでグラスが液体の粒子を細かくしたかのようなきめ細かな味わい。こんな経験ははじめてだった。

このグラスを製造しているのは東京の下町、墨田区にある松徳硝子。創業当時は電球用ガラスを製造する工場だったそうである。その薄くて強度のある硝子加工技術を応用して生まれたのがこのうすはりグラスである。今でも熟練した職人さんが一点一点丹精込めて吹いてつくっている。薄いからといって割れやすいということはない。むしろその薄さが手に取る人の意識に注意を促すのでかえって割れずに長持ちするとか。

お酒はもちろん、お茶でもジュースでも何を飲んでも今までより美味しく感じるから不思議。下町生まれの世界に誇るべきメイドインジャパンである。

CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター
大熊健郎
『Discover Japan』(判佝納辧Vol.5「名もなき逸品、名のある一品」より
ご購入の前に

手作りのため、製法上やむを得ず微細な泡が混入している場合がありますが、品質に問題はございません。

松徳硝子 うすはり
松徳硝子 うすはり

大正11年創業の松徳硝子によるグラスシリーズ。かつて電球を作っていた技術から、1mmを切る極限の薄さが実現されました。繊細で格別な口当たり。木箱入りで贈り物にもおすすめです。