うすはり 硝子器揃

うすはり 硝子器揃

3,780(税込)

セット

松徳硝子

うすはり 硝子器揃

3,780(税込)

セット

大正11年創業の松徳硝子による名作グラス「うすはり」のMサイズが2個納まった、木箱入りのセットです。

かつて電球を作っていた技術から、1mmを切る極限の薄さが実現されました。形もシンプルに研ぎ澄まされています。驚くほど繊細で美しい佇まいです。

ビールにお茶にジュースにと、何にでも使いやすく便利な260ccサイズ。見た目も手に持った感触も口当たりも透明で硬質な膜のように軽く、飲み物の味が鮮やかに際立ちます。

日本が世界に誇る、不朽の名作と言えるグラスです。その使い勝手の良さと飲み心地の良さを、ぜひ日常使いでご堪能ください。薄いから割れやすいということもありません。

木箱入りで、引出物や贈り物にもぴったりです。どなたもその薄さと軽さに驚かれ、いつもの飲み物が見違えるほど美味しく感じられ、喜ばれることでしょう。

うすはりグラス

ある夏の日のランチタイム。メニューにある「グラスビール」という文字がチラチラする。仕事中とはいえ暑さで喉はカラカラ。迷わず注文すると出てきたビールに驚いた。冷やしたグラスは今まで見たことがないほど薄くて繊細。その佇まいの美しさ。ひと口飲んで驚きはさらに高まった。まるでグラスが液体の粒子を細かくしたかのようなきめ細かな味わい。こんな経験ははじめてだった。

このグラスを製造しているのは東京の下町、墨田区にある松徳硝子。創業当時は電球用ガラスを製造する工場だったそうである。その薄くて強度のある硝子加工技術を応用して生まれたのがこのうすはりグラスである。今でも熟練した職人さんが一点一点丹精込めて吹いてつくっている。薄いからといって割れやすいということはない。むしろその薄さが手に取る人の意識に注意を促すのでかえって割れずに長持ちするとか。

お酒はもちろん、お茶でもジュースでも何を飲んでも今までより美味しく感じるから不思議。下町生まれの世界に誇るべきメイドインジャパンである。

CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター
大熊健郎
『Discover Japan』(判佝納辧Vol.5「名もなき逸品、名のある一品」より
ご購入の前に

手作りのため、製法上やむを得ず微細な泡が混入している場合がありますが、品質に問題はございません。