フランスでよく見かける濃いブルーのコットンジャージージャケット

フランスでよく見かける濃いブルーのコットンジャージージャケット

17,600(税込)

CLASKA ONLINE SHOP  > FASHION ファッション > アウター・羽織り物 >

sept septième

フランスでよく見かける濃いブルーのコットンジャージージャケット

17,600(税込)

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作るアパレルライン「sept septième」

堀井和子さんとCLASKA Gallery & Shop "DO" が共につくる、新たなアパレルライン。

着こなしのアレンジがしやすいシンプルなデザインをベースに、大人の女性の身体に美しくフィットする工夫を施した、新しい日常着です。
季節にとらわれずオールシーズン活躍する服、10年後にも変わらず愛着を持てる服を目指し、デザインのみならず肌ざわりの良さ、ホームケアのしやすさにもこだわってつくりました。

ブランド名の「sept septième」は「7/7」という意味のフランス語。1週間のうち毎日でも着たくなるような服に、という思いを込めています。

ロゴのデザインは、堀井さんとグラフィックデザイナーの井上庸子さんとで作っていただきました。

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作ったジャケット

カーディガンとジャケットの間のような、ジャケットよりも軽い印象で羽織れるのに、お出かけ着としてきちんと見せることも出来る使い勝手の良いジャケット。同色のボタンでさらっと仕上げたデザインで、定番的に使えるシンプルなジャケットを目指しました。

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作ったジャケット

使用しているのは、ハリコシ感のバランスが良く、しなやかさがありながらもしっかりとした風合いが魅力の生地。VORTEX という新しい紡績技術で紡がれた独自の構造を持つ糸を使い、特別な編み機で高密度に編み上げられており、毛羽立ちが少なく洗濯にも強いのが特徴です。

毛羽が少ないことで目面が整った生地は、カジュアルさが抑えられるだけでなく、カラリとした独特の肌触りに仕上がります。

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作ったジャケット

小さめの丸襟は堀井さんのイメージから。シンプルなジャケットのさりげないポイントになっています。

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作ったジャケット

袖口やポケット口にはバインダー(パイピング)を施しました。デザイン性だけでなく、袖まくりや手の出し入れなどで酷使される部分の強度も高めています。

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作ったジャケット

ジャケットほどかしこまらず、カーディガンのように気軽に羽織れるサイズ感。

「CLASKA(クラスカ)」が堀井和子さんと作ったジャケット

シンプルなデザインだからこそ、少し短め丈のボックスシルエットが映えています。

濃い色味のジャケットは、襟元を開いてインナーの明るいカラーを見せたり袖口をロールアップすることで軽やかな印象に。真っ白なロングスカートとの色の対比もすっきりとして見えます。ブルー×ホワイト×シルバーのカラーコーディネートも季節感を意識しました。

落ち着いた色味のボトムスとのコーディネートには、インナーにボーダーのカットソーを合わせて抜け感をプラスしました。ジャケットのボタンは真ん中のひとつだけ、もしくは留めずに羽織るくらいでインナーとの組み合わせをポイントにした着こなしがおすすめです。

落ち着いたカラー同士のコーディネートは地味になりがちなので、ポイントになるカラーや柄物と組み合わせて遊びを入れると軽やかな印象に。パンツの裾をロールアップすることで、軽快さと女性らしさもプラスしています。

合わせるアイテムや着こなし次第で、より魅力的に見せることができるシンプルなデザインのジャケットが出来ました。

取扱い方
  • お洗濯には蛍光増白剤が入っていない中性洗剤を使用してください。
  • タンブラー乾燥は避けてください。
  • 洗濯時に縮むことがありますので形を整えてから干してください。
  • 長時間水に浸漬しないでください。
  • アイロンがけの際にはあて布をご使用ください。
  • スチームアイロンは使用しないでください。
sept septième
sept septième

堀井和子さんと CLASKA Gallery & Shop "DO" が一緒につくる服。「sept septième(セット・セッティエーム)」というブランド名は「7/7」という意味のフランス語です。大人の女性が "一週間のうち毎日でも着たくなる服" をお届けします。