atelier shirts ブルー

atelier shirts ブルー

18,144(税込)

HAU

atelier shirts ブルー

18,144(税込)

2019年春、CLASKA が発信する新たなアパレルブランド「HAU(ハウ)」がデビューしました。

コンセプトは『日常の中で感じる非日常感』。日々の暮らしの中で気負えずカジュアルに着られるものでありながら、身に纏うことで気分が高揚する大人の女性のための日常着を───。

デザイナー 藁谷真生を迎えて生み出した HAU の服を、CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店、および全国各地のセレクトショップにて順次展開中。CLASKA ONLINE SHOP でも、全ラインナップお届けして参ります。(順次発売)

こちらは、アトリエの作業着をイメージしながら、大人の女性にこそ必要な「きちんと感」と「遊び心」を意識して作ったシャツ "atelier shirts"。

レギュラーカラーのシャツと比べて気負わず着られ、それでいてきちんとした印象になる、スタンドカラーのシャツ。ベーシックなアイテムだからこそ、スモーキーな淡いネイビーの生地にオレンジ色の糸のステッチという新鮮な組み合わせが光り、遊び心が感じられるポイントになっています。

生地は、薄手でありながらも適度なハリ感のある、コットンタイプライターを使用。染める前の段階で長時間揉み、生地が最もリラックスした状態から生まれた自然なシワ感が魅力です。肩のいちばん高い位置ではなく、あえて落ちたラインに設けた縫い目のステッチにも、さりげないこだわりが感じられます。

生地にハリ感があるので、着用した時にきれいなシルエットが出るのも特徴のひとつです。上半身の肉感を拾わず、1枚でさらっと着て決まります。

後ろの首元に、控えめにギャザーを寄せました。肩の落ちたラインにも、リラックスした着心地ながら女性らしい雰囲気が漂います。

両サイドには長めのスリットを入れ、軽さを出しました。アイボリー色の糸を使ったミシンステッチのラインも、爽やかに効いています。

「work pants」とのコーディネートがおすすめ。身長の高い方でしたら、太めのボトムと合わせてもバランスが良さそうです。

動くと風を孕み、ギャザーがふわりと広がってややAラインのシルエットになるのもエレガントできれいに見えます。肌寒い日は中に白いタートルネックのインナーを合わせるのもおすすめです。

HAU 藁谷真生の連載「今着たい服、こんな服。」第5回:頼りにできる「シャツ」さえあれば。もあわせてご覧ください。

ご購入の前に
  • タンブラー乾燥は避けてください。
HAU
HAU

デザイナーに藁谷真生を迎え、CLASKA が発信するアパレルブランド。日々の暮らしに寄り添いながらも、ただの日常着ではない、きちんとした雰囲気や高揚感のある、新鮮で心地よい服をお届けします。