back to Nature

back to Nature お正月 しめ飾り
2018年12月24日(月・振休)
11時販売開始
→販売開始しました!

多摩川のお花屋さん "back to Nature" による、お正月のしめ飾りをお届けします。先日発売したクリスマスガーランドは、ご好評につき完売となりました。そしてしめ飾りも、back to Nature のおふたりの手にかかればこんなにも新鮮に。今年は2種類をご用意しました。

新しい年を迎える慶びにあふれた、
モダンで晴れやかなしめ飾りです。

1. お正月 しめ飾り 輪飾り

back to Nature

伝統的な輪締めを、現代的な感覚で彩ったしめ飾り。金色に輝く蓮や、たわわな稲穂が、実り多い1年を予感させてくれます。金と白の配色が、おめでたく、かつ上品です。

back to Nature

お正月 しめ飾り 輪飾り

2,700円(税込)


SOLD OUT|完売御礼

2. お正月 しめ飾り 縦飾り

back to Nature

紅白の配色がお正月らしく、華やかな縦飾り。白いシダや松ぼっくりの淡い色合いを、サンキライ(赤い実)や水引の赤が凛と引き締めています。小さな破魔矢もポイントです。

多摩川の花屋 back to Nature

back to Nature

CLASKA がある学芸大学から、東急東横線で4駅。

back to Nature

多摩川沿いに、この素敵なお花屋さんはあります。

back to Nature

野生の強さが感じられる草花を使った、無造作でいて活き活きとした美しいアレンジメントが人気です。

back to Nature

お店を営まれているのは、大川智子さんとジュンコさんの姉妹おふたり。しめ飾りの製作中にお邪魔しました。

back to Nature

今回は、姉の智子さんに作っていただきます。縦飾りは、こちらの細長いしめ縄(ごぼうじめ)がベースです。

back to Nature

中央で丸く曲げ結わえ、土台にします。

back to Nature

水引の飾り作り。既製品ではなく、1本1本手に取って束ね、形づくっていきます。

back to Nature

シダ、サンキライ(赤い実)をあしらいます。

back to Nature

まつぼっくり、金色に彩った睡蓮、破魔矢が加わり、ぐっと華やかに。

back to Nature

赤い稲穂も添え、まもなく完成です。

back to Nature

全体のバランスをチェックして、最終調整。

back to Nature

水引がバラバラになったり折れ曲がったりしないよう、束ねて別の短い水引で縛った状態でお届けします。飾る際に外してください。

back to Nature

輪飾りも、金色に彩った蓮を中心に、ひとつひとつの花材や水引、紙垂を丁寧に組み合わせて作られています。

back to Nature

新しい年が、皆さまにとって素晴らしい1年になりますように。

back to Nature

願いを込め、1点ずつ大切に手作りされました。

back to Nature

輪飾りは輪の部分の直径が約20cm、縦飾りは高さ約50cm。藁の清々しい香りがします。お役立ていただけましたら幸いです。

back to Nature
backtonature.jp
Instagram / Facebook

大川智子さん(左)とジュンコさん(右)。CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店のフェアへの出品のほか、CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店には隔週で季節のお花を活けに来てくださっています。

2018年12月10日公開
写真・文:CLASKA ONLINE SHOP 速水真理