For international shipping, mail us your orders.
配送料 全国一律 650円 10,000円以上ご購入で送料無料
GIFT WRAPPING ギフトラッピング +200円 ご利用前に必ずお読みください
DO TABELKA

DO TABELKA 料理人・河合風太の
「どう食べるか」
第15回:海老芋の揚げ出し

CLASKA Gallery & Shop "DO" が手掛けるカフェ&キッチン「DO TABELKA」から、「海老芋の揚げ出し」をご紹介します。DO TABELKA では定食の汁物としてお出ししている、ホクホクの食感と出汁の滋味に心身がよろこぶ一品です。里芋や甚五右ヱ門芋を使うこともあります。

海老芋の揚げ出し

材料(2人分)
海老芋200g
いりこ出汁200cc
薄口醤油小さじ2
片栗粉適量
揚げ油適量
出汁
大さじ1+1/3
味醂大さじ1+1/3
薄口醤油大さじ1+1/3
いりこ出汁200cc
長葱、柚子、三つ葉適量

作り方

  1. 海老芋は皮を剥いて一口サイズに切り、いりこ出汁と薄口醤油を合わせたもので下茹でしておく。(串がすっと入るまで。)そのまま冷ましておく。

2. 海老芋が冷めたら片栗粉をまぶして油で揚げる。

3. 鍋に酒、味醂を入れて煮切る。アルコールが飛んだらいりこ出汁と薄口醤油、焼いた長葱を加えて沸かす。

4. 器に揚げた海老芋を入れ、出汁をかける。

5. 柚子の皮、三つ葉を散らして完成です。

DO TABELKA

DO TABELKA

海老芋の揚げ出しに、塩糀地鶏の生七味焼き、大島農園さんの無農薬野菜サラダ、季節の副菜、大豆屋さんの豆腐、ご飯、香の物をセットにした二十四節気定食を、2018年11月22日(木)〜12月2日(日) の期間、DO TABELKA でご提供しています。

DO TABELKA

材料について

DO TABELKA で上記のメニューに使用している調味料について。薄口醤油は小豆島の老舗 丸島醤油の国産丸大豆使用・無添加「純正醤油」、味醂は、昔ながらの製法で作られた白扇酒造の「福来純 三年熟成本みりん」です。素材も調味料も丁寧に選び、美味しく、からだに嬉しい料理を毎日ご提供しています。

カフェ&キッチン「DO TABELKA」

DO TABELKA

CLASKA Gallery & Shop "DO" 日本橋店 併設のカフェ&キッチン「DO TABELKA」。東京・日本橋の「コレド室町3」(東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅直結 A6出口)2Fです。

DO TABELKA

食べるとからだが喜ぶ、ちょっと贅沢な定食。手間をかけて丁寧につくるスイーツ。ディナータイムにはお食事に加えてお酒もご用意しています。

DO TABELKA

常時5種類ほどから選べる主菜にご飯(酵素玄米または十四穀米)・副菜2品・サラダ・汁物が付いた定食(1,200円〜1,900円)が自慢です。

DO TABELKA

写真は、季節のメニューです。

左:「りんごと紅茶のソーダ」「ホットりんごネード」各600円(税込)
旬のりんごに、蜂蜜やレモン、蒸らした紅茶を加えシロップに。やさしい甘さと紅茶のコクがよく合います。すっきりと炭酸で、また寒い日にはお湯割りで。夜にはサワーもおすすめです。

右:季節のパフェ「栗・みかん・ラムレーズン」1,200円(税込)
栗の渋皮煮から作ったクリームとアイスに、みかんゼリーとみかん果肉、ココアクッキーやラムレーズンを合わせた、少し大人な栗のパフェ。栗の自然な甘みにみかんの爽やかな風味が良く合い、最後までさっぱりと楽しめます。※アルコール分(ラム酒)が含まれています。


カフェ&キッチン「DO TABELKA」
東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3 2F
東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅直結 A6出口
Open:11:00〜21:00(L.O. 20:30)
Tel:03-6262-3271
> カフェ&キッチン「DO TABELKA」サイト

カフェ&キッチン「DO TABELKA」
料理人・河合風太(かわいふうた)

1987年 愛知県生まれ。辻調理師専門学校卒業後、東京都内のレストランやカフェ、海外のレストランで調理経験を積む。2014年3月にオープンしたカフェ&キッチン「DO TABELKA」には、立ち上げ準備より携わる。現在、同店の店長 兼 料理長。

2018年11月26日 公開